飲料

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

2つの乳酸菌の共通点は、糖を発酵して有機物を作る菌です。
一番大きな違いは存在している場所にちがいがあります。
http://www.douyou-movie.jp/sei.htmlにも詳しくかいてありますが、
植物性乳酸菌は植物に多く存在し、動物性乳酸菌は動物に多く存在しています。

植物性乳酸菌は植物の糖分を餌に増殖を続けます。
たとえ過酷な条件下でも生き残る菌で、人の体の中に入っても強い胃酸の中でも生き残り生きたまま腸まで届くので、栄養面で考えるのなら植物性乳酸菌を取った方が良いです。
動物性乳酸菌は乳糖を餌にしています。

それだけで栄養価が高いですが、胃酸に弱く胃に届くと分解されずに、ほとんどの菌が死滅してしまい、生きたまま菌が腸まで届かないのが難点です。
でも、胃で死滅した動物性乳酸菌は善玉菌の餌となったり、免疫力を向上させたり重要な働きをします。
植物性乳酸菌は日本食に多く含まれています。

例えば味噌、しょうゆ、漬物、日本酒など日本の家庭料理は栄養バランスが取れた体の健康に食べ物です。
植物性乳酸菌が腸に届くと、通常10倍もの整腸作用があるといわれています。
現代人は食事する時間がない人が多いですが、出来るだけ家庭料理を食べるようにしましょう。
このように両者の菌は働き方にも違いがあります、
バランス良くこれらの菌を摂取する事が理想的です。

このページの先頭へ