飲料

飲料にも含まれる乳酸菌

手軽に乳酸菌を取るのなら乳酸菌飲料ですが、乳製品が原料になっているものだけが入っている飲み物ではありません。
ワインやお酒にも入っています。

乳酸菌飲料は牛乳よりもさっぱりした美味しい味なので人気がありますが、入っている飲料には3種類あります。

乳酸菌飲料、発酵乳、乳製品乳酸菌飲料の3つですが、何が違うのでしょうか?

これら3つの違いは、飲料に含まれる無脂乳固形分と乳酸菌が含まれている量に違いがあります。
人気の飲むヨーグルトを例にとって見ましょう。

飲むヨーグルトは発酵乳ですが、無脂乳固形分8%以上、1mlに1000万個以上も含まれています。
これにサトウやフルーツで味付けされたものが乳酸菌飲料となります。
この飲料の場合、無脂乳固形分3%以上8%未満、乳酸菌は100万個以上です。

乳製品乳酸菌飲料はカルピスなどで、無脂乳固形分3%以上、1000万個以上です。

乳酸菌が入った飲料はいづれも体の健康に良く、ヨーロッパや外国でもヨーグルトとして良く飲まれています。
整腸作用においては胃腸障害の改善、便秘が解消され腸内環境が整いのいます。
血中のコレステロールが下がり、発ガンリスクを抑えます。
また生活習慣病予防改善にも効果があり、血圧降下作用、免疫活性化が維持されます。
乳酸菌が多く含まれている食品がこちらでいくつか紹介されています。
ご覧いただくと私たちが普段食べている食品にも含まれていることがわかります。
また、プロポリスのサプリメントも手軽に飲めるのでおすすめです。

このページの先頭へ