飲料

乳酸菌に含まれる栄養価

乳酸菌が人の腸の中に入るとオリゴ糖など糖を分解して乳酸を作り出し、ビフィズス菌、ブルガリア菌など2000種類以上もあるといわれています。
だから乳酸菌自体は糖分で、酵素と混ざり合い発酵して人の体に有益な働きをします。
乳酸菌の働きには目をみはるものがあります。

乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしhttp://www.takebackthenews.org/zenndamakinn.html腸内環境を整えます。
腸内環境が整えられると人が老化するのを防ぐことが出来ます。
腸が老化すると他の体の器官の老化も早まります。

だからいつも腸内環境を整えておくと若さを保つことが出来ます。
栄養価を高める食べ方としてはどうゆう食べ方があるのでしょうか?
毎食、食事メユーを変えいろんな栄養素を取り入れるようにしましょう。

朝食は抜かないようにしましょう。
極端な言い方をすれば餓死状態なので脳にもブドウ糖などエネルギーがない状態です。
出来るだけパン食よりもご飯食をとるほうが良いでしょう。

何故ならご飯に含まれる糖分は良質で消化吸収が良く体力もつくからです。
乳酸菌が含まれている味噌汁、納豆など良いです。
食後にデザートとして飲むヨーグルトやフルーツにヨーグルトをかけたものなど乳酸菌摂取は効果があります。
食後で胃酸が薄まっていて、生きたままの乳酸菌が腸に届くので効果があります。
家族みんなで乳酸菌生活で健康になりませんか。

このページの先頭へ