飲料

衛生管理はどうなっているの?

工場の衛生管理基準は厳しく定められ、その規格基準値をクリアしていなければ製品が販売できないようになっているので大丈夫です。
例えば生乳の殺菌温度にしても基準値か基準値に準ずる温度であれば基準値をクリアしていることになります。
ある社はアメリカのカリフォルニアナッツを仕入れ、アメリカ産の生乳でつくったヨーグルトに混ぜたものを販売していますが、製品の品質管理は徹底して行なっています。

国内工場はFDAの許可の工場で衛生基準をクリアしています。
製品の品質管理は厳しく、米国で品質衛生基準をパスした原料のみが使用されています。
どこの社でも自社工場、製品の品質管理徹底していますが、容器など包装するものについても安全面において気を配っています。

また商品の原材料入荷時のチェックも厳しく行なわれています。
このように自社工場だけでなく、それに伴う備品の品質管理の安全にも気を配られているので安心ですね。
ヨーグルトなどの乳製品は、保存や保管も大事な要素ですが、出来上がった製品の保存や保管はどうなっているのでしょうか?

出来上がった乳製品は正しい温度の冷蔵庫に保存保管されます。
自宅で保存するときも開封しているいないにかかわらず、必ず冷蔵庫に保管します。
乳酸菌は温度が上がると菌が繁殖しやすいので、温度が上がりやすい冷蔵庫のドアポケットでの保存は不向きです。

乳酸菌は体に良いといわれていますが、小さい子供や妊娠中の女性も摂取してよいのかどうかがhttp://www.websarga.com/child.htmlにかかれています。

このページの先頭へ