飲料

乳酸菌にはどんな種類があるの?

乳酸菌の中の発酵乳は、発酵によってできた乳酸発酵が、体のあらゆる生理機能に良い働きをします。
また、腸内の有効な菌の増殖活性化を促進させます。
カルピス酸乳に含まれている乳酸菌はラクトバチルス・ヘルベティカスhttp://www.korealawtoday.com/syu.htmlです。

血圧を下げる働きがあり、血管内機能が改善させる働きがあります。
このことが動脈硬化予防に効果があるとされています。
また、寿命を伸ばす効果がある乳酸菌や細菌やウィルスなどを攻撃するための免疫力を向上させるもの、内蔵機能向上のためのものなどがあります。

乳酸菌の中には肌を若返らせるものもあり、肌の代謝機能を向上させ美肌効果を得ることができます。
脂肪分の多いものをとると、腸内のコレステロール値が上がり、発ガンが促進されることが分かっています。
菌の中でも乳酸菌は人の体に有益な菌です。

これら乳酸菌による健康向上作用動物実験で証明されています。
人の腸の中には様々な菌が帯状に群れを成して存在しています。
このことは腸内フローラと呼ばれています。
腸内フローラは食事法やストレスなど精神面での影響により常に変動を繰り返しています。
これらのことからもわかるとおり、健康でいるためには常に腸内環境を整えることが大事です。
乳酸菌の摂り方はいくつかの方法がありますが、簡単に摂取するには乳酸菌飲料がおすすめです。

食品から摂るのが一般的ですが、乳酸菌配合の化粧品を使うことで外側から摂ることも可能です。
内側からも外側からも乳酸菌をたっぷりととって嬉しい効果をたくさん実感しましょう。

このページの先頭へ