飲料

乳酸菌が体にもたらす効果

乳酸菌は腸内環境を整えるという効果があるだけでなく、人の体の健康に様々な効果を与えてくれ、体内での働きにより健康が左右されます。
乳酸菌をコンスタントに取り続けていると体の健康を維持することが出来ます。
乳酸菌が摂れる食品はこちらで紹介されていますが、
生きたまま腸内に到達すると、腸内の有害物質が吸着排出され腸内環境が整います。

それにより腸内の悪玉菌が減り、善玉菌が増えることによって免疫力が高まり病気になりにくい体になります。
また乳酸菌が腸に届くと食物繊維と同じような働きをします。
そのため腸内環境が改善され便通がスムーズになります。

それだけでなく、胃潰瘍の原因となるピロリ菌抑制効果など、様々な感染症防止効果を期待することが出来ます。
免疫機能が高まることにより、大腸がんや乳がんなど発ガンの危険性が低くなります。
それと同時に免疫機能が調節され花粉症などのアレルギー症状が緩和されます。

代謝機能が高められコレステロールが低減されるのでダイエットにも効果があり、肌細胞の新陳代謝が高められるので美肌美容効果を期待することが出来ます。
このように乳酸菌の体に対する働きの効果は大きいです。
また、乳酸菌にも様々な種類があり、乳酸菌によって体への作用が異なります。
こちらには有名な乳酸菌のシロタ株についての詳しいサイトがあります。


このページの先頭へ